アプリ選びよりももっと大事なこと

出会いを探しているみなさま、はじめまして「ペコリ」です!

このサイトは、婚活アプリを使ってリアルに結婚した管理人「ペコリ」の経験と実話を元に、これから婚活に励もうと思っていらっしゃる方々へ、少しでもお役に立てればと思ってスタートしました。

よく婚活アプリのランキングのようなサイトを見かけますよね?

もちろん婚活アプリ選びも重要であることは間違いありませんが、ペコリの経験から言いますとアプリ選びよりももっと大事なことがあるのです!

もっとぶっちゃけって言うなら、

どの婚活アプリを使ってもポイントを押さえて使い倒せば、出会いは必ず待っていると言い切っていいと思います。

じゃあ、どう使い倒すか?

まずはそのポイントを箇条書きにまとめてみましたのでご覧ください。
ポイントは次の4つです。

この4つだけ覚えておけば大丈夫!

  1. 出会いは確率の勝負
  2. 条件だけで検索している人は出会えない
  3. すべての出会いは「いいね」から
  4. 婚活アプリは最低2つは登録

すべてペコリが身を以て体験したことですが、正直言ってこの4つを頭に入れて置けば、どのアプリでも必ず出会いがあるはずです。
あとは、好きな婚活アプリに登録して出会いを待つだけ。
最短かつ最低コストで出会える確率がもっとも高いでしょう。

1、出会いは確率の勝負

これは当たり前といえば当たり前ですが、なんせお相手は世界中に35億ほどいるらしいので、人生を共にするたった一人のお相手にたどり着くには、相当確率低そうですよね。

以前ペコリが、男の友人に再婚相手にと思って紹介した女性をその友人は好きになり、その後相思相愛で結婚しました。

当時、女性の友達は多かったので、順番に何人か紹介してあげるからと言ってたんですが、それがなんと1番目の女性と恋に落ちるという結果に。

人の世話してる場合か!と言われそうですが、今はとっても幸せそうなので救われています。

言いたいことは、確率は低いけど出会う順番は決まってないので、ひょっとすると1番目かもしれないし35億番目かもしれないと言うことです。

じゃあ、ペコリはどうだったかと言いますと、最初に婚活アプリに登録して8ヶ月目で彼女と出会いその4ヶ月後にめでたく婚約しました。

登録した婚活アプリは4つですが、4つは必要ないかも。
でも2つは最低登録した方がいいです!

ペコリの場合はだいぶ焦ってたので(笑)

もちろん最初は1つのアプリからスタートしたのですが、感覚的に毎日新規登録する女性がおそらく30人~40人。
でもそれは日本全国の話ですし、年齢も当然自分の対象ではない女性も入ってのことです。
結果的に4つのアプリで探すことになったのは、新規登録数も単純に4倍になるから。
それだけ。

だって確率ですから。

<まとめ>

  • 「出会いは確率!最初からなるべくたくさんのお相手をチェックすべし!」
  • 1つのアプリで探すより複数のアプリで探す方が効率的」


2、条件だけで検索している人は出会えない

もちろん東京に住んでて沖縄の女性を探してもしょうがないじゃんと言うことにもなるので、地域やある程度の条件で検索するのは当然かと思いますし、またその機能がなければ婚活アプリなんて使ってられないです。

じゃあ、なぜペコリは条件検索がダメだと言ってるかと言うと、特に女性にありがちな気がしますが、異性の条件って地域を除けばだいたいみんな同じでは?

高学歴で高収入で未婚でタバコは吸わない。
身長が高くてスポーツマン!


これでプロフィールの写真がイケメンだったら、もういいねの数が数千と言うほど人気の男性と言うことになります。

結局リアルな社会もバーチャルなアプリの世界も同じなんですね。

で!

じゃあどうするのかと言うと、私はほぼ条件検索をやめました。そして射止めた彼女は、なんと私よりも12歳年下で大阪在住。

ちなみに私は東京に住んでます。

当時は彼女は無職。
検索条件に職業とか入れてたら当然検索結果には出てこない女性だったのです。

唯一検索条件でこだわったのは「お酒が飲めること」。
この1点のみで気が合い、何度も東京と大阪を行ったり来たりして二人で飲み明かし距離を縮めました。

結局二人の距離が縮まることで、東京と大阪という地図上の距離も縮まることになるんですね。

東京と大阪なんて、アメリカ合衆国だったら一つの州の隣町みたいなものでしょ?
私は世田谷区に住んでますが、私にしてみればむしろ江戸川区の方が遠い町です。

江戸川区民のみなさん、ごめんなさい。。。

<まとめ>

  • 「条件のいい人はライバルも多い」
  • 「確率が低いのだから日本中から探す気持ちでいけ」


3、すべての出会いは「いいね」から

アプリに登録仕立ての頃は、なんとなくお相手に「いいね」やメッセージを送るのが恥ずかしいというか気が引けるというか・・・

それは当然だと思いますし、ペコリも最初の1ヶ月くらいは気になる女性に「いいね」するのに、そうとう勇気が必要でした。

よく女性のプロフィールに、「どなたでもお気軽にいいねしてくださいね〜」って書いてあるんですけど、その女性のお相手の希望の条件がチョー厳しい!

スポーツマンで筋肉質のイケメン
年収1500万以上
できれば海外の大学出身
優しくて包容力があって、年に2回は海外旅行に連れて行ってくれる人

そんな気軽に「いいね」できませんって!

ペコリなんて、スポーツといえばウォーキング、でもただの通勤といえば通勤。
イケメンには程遠くBMIの数値の高さはほぼメタボ。
年収も人並みで大学は地方の短大出身。
うちの犬には優しいが心が狭くて気も小さいし、日帰り旅行が精一杯。

ここで躊躇するんですね〜。
勝手に自分なんて絶対に気に入ってもらえないと。
でも、ペコリはそんな格差を乗り越えてゆいちゃんと出会いました!

だから、何がなんでも「いいね」なんです!

「いいね」できなかった1ヶ月は、なんともったいないことをしたと思います。
だって、月額料金払って出会うチャンスを作らないなんて、アプリに登録してないのも同じことですよね?

とにかく気になったらまず「いいね」!

なぜなら男性も女性も何万人という人が登録しているアプリばかりですから、その中でお相手から見つけてもらう確率なんて砂つぶほどの確率。

出会う確率の分子は「いいね」の数だということを認識してください。

「いいね」がなければ自分を認知してもらえない。

認知されなければメッセージもやりとりできない。

メッセージのやりとりがなければ、当然デートには発展しない。

ということです。

そしてさらに、その気になるお相手は他の誰かがさっさと「いいね」して、持ってちゃんです!

ここはひとつ、男も女も勇気を出して男らしく「いいね」をポチっとしてあげてください。

<まとめ>

  • 「いいねしなければアプリに登録してないのも同じ」
  • 「目に見えないけどライバルはたくさんいると思え」


4、婚活アプリは最低2つは登録

これは最初にも書きましたが、結局出会いは確率の勝負なので、早く出会いたければ数を当たるしかないのです。
私がデートまで進んだ女性の中にはたいへん素敵な方もいらっしゃいました。

正直、この方がペコリの運命の人?と思った女性もいましたが、その時にふと思ったのは

「この女性に本当に恋をした?」

でした。

自問してみると、素敵な方だけどなんか違う。
もう忘れかけてたけど、あのキュンキュンする恋をする気分じゃない。

男女の出会いなんてほんと簡単じゃないというか、運命の赤い糸はよく絡まるし、迎えにくるはずの白馬の王子様はよく落馬するし。。。

そしてペコリは次のアプリで、また婚活をスタートするのです。

恋もせずに結婚できますか?(ぷ)

我ながら照れるフレーズですが、やっぱ恋に落ちないと結婚というたいへん勇気のいる人生のイベントは乗り越えられないでしょう。

そしてペコリ4つ目に登録したアプリで、今の彼女に出会うことになるのです。
ただ4つでなくても、2つのアプリで十分かとも思います。

ペコリの場合は、それぞれのアプリに登録している女性を眺めるのが当時は趣味となってましたので、本当はもっとたくさんのアプリに登録したかったです(笑)

<まとめ>
  • 「新しい恋は新しいアプリからやってくる」
  • 「しかも恋とJアラートはいつも突然」

さあ、次はペコリが実際に登録した4つのアプリを簡単にご紹介しますね。
私は特に婚活アプリをランキングでは評価はしてません。

どのアプリもいいところがあるし、それに自分の運命の人がどのアプリに登録しているかなんて、誰もわからないでしょ?

pairs