立食と着席! どっちがいいのか東京の婚活パーティに行ってきた

こんにちは!
ミコです。

婚活パーティには大きく分けて、立食タイプと着席タイプがあります。

ミコは最近まで着席タイプのなかでも個室タイプのものを好んでおり、小さなブースのなかで待機し、男性がかわるがわる入ってくるタイプの婚活パーティによく行っていたのですが、ここでひとつ、不満が生じたのです。

それは……ひとりもタイプの人がいないときどうすればいいの!?

ということ。

個室の着席タイプはたしかに静かで居心地がよく、落ち着いて男性と話をすることができるのですが、参加者が男性6:女性6とかなので、会によってはひとりもタイプの人がいない……!ということもあるのです。

そこで、もう一度ミコは立食タイプの婚活パーティに目を向け始めました。

以下、ミコの奮闘記をお伝えしたいと思います……!!

立食タイプの婚活パーティに行ってきた!

ミコが会場に到着すると、まずは本人確認証の提示をしました。

その後、番号札をもらいます。

会場のなかにはいると、もうすでに男女がペアになって談笑している……!!!

え、マジ!?

コミュニケーション能力の低いミコはそれを横目で見つつ、壁際でスマホをいじって会がはじまるまで待っていました……。

なかには友達と一緒に参加している人もいて、あー、立食パーティって友達同士できたほうが気楽でいいかも、と思ったり。

そして、ついに婚活パーティスタート!

おしゃれな食事がビュッフェ形式で置かれていましたが、そんなものを食っている場合ではない!!

会場にはテーブルがいくつかあり、開始早々、近くのテーブルの方と話す流れに。

カッコいい人いないかな~?と静かに物色しているうちに、ピンとくる男性を発見したミコは、「自由に歩いてくださいね~」という司会者さんの声に励まされ、意中の男性のところにいきました。

で、ミコは第一声でこう聞いてしまったのです。

「あ、こ、こういうパーティにくるのは何回目ですか?」

すると、彼は「その質問、みんなするんですね」と冷笑。


やっちまった……!!


と内心思いましたが、「なんでそんなに気になるんですかね」と逆に質問され、なんとなく気まずい雰囲気に……。

その後、その男性が「食べ物とってきますね」と言って、その場を離れたのですが、全然帰ってこないので見てみると、ほかのテーブルで楽しそうに話していました。

追いかけていく勇気はなく、撃沈……!!

その後はピンヒールだったため、足が疲れてしまい、壁際の椅子があるところで休みながら、ぼーっと会場を眺めていました。

ただ、その後、何人かの男性が話しかけてきてくれて、連絡先の書かれたカードをもらうことができました。

最初はノーマークだった男性でしたが話してみると楽しい男性もいたり……。

やっぱり大勢が参加しているので、いいなと思う男性も多かったです。

お見合いパーティーといえば

立食パーティと個室パーティのメリット・デメリット

このブログを読んでいる方は婚活に悩めるお年頃だと思うので、立食タイプの婚活パーティと着席タイプの婚活パーティのメリット・デメリットをまとめたいと思います。

着席タイプの婚活パーティ

メリット……

最初から自分の席が決まっているので、自分から話しかけにいかなくても大丈夫。

人見知りな方におすすめなのが着席タイプの婚活パーティだと思います。

ミコが参加した着席型の婚活パーティは男性3名女性3名くらいでひとつのテーブルに座るタイプだったので、和気あいあいと話すことができました。

自分から話題を広げるのが苦手な人はこのようなグループタイプの席がおすすめです。

事前にパーティを主催する会社に問い合わせておくのが良いかもしれません。

デメリット……

着席型はやはり、人数が少ないところがデメリットです。

また、良い人がいて、その人ともっと話したい!と思っても、基本的にローテーションなのでなかなか2人きりでじっくり話すことができません。

自分からガンガン話しかけたい人には不向きだと思います。

立食タイプの婚活パーティ

メリット……

立食タイプの婚活パーティは自由に会場内を動けるのが最大のメリット。

気になる異性がいたら、その人に積極的に話しかけることができます。

気になっていることをアプローチできるのが◎。
また参加人数が多いので、気になる異性を見つける確率が高まります。

婚活パーティのなかには、マッチングしなくとも、連絡先を交換することができるパーティもあるので、知り合いをぐんと増やすことが可能です。

デメリット……

ミコが陥ってしまった悲しい出来事……それは意中の男性にうまいアプローチができずにぼっちになってしまったこと。

席が決まっていないということは、話し相手が見つからない場合、ボッチになるということです。

この人がだめでも、次々!と切り替えられるハートが求められます。

立食パーティに参加してみた結果、ドンピシャな男性には巡り合えませんでしたが、会場の雰囲気はよいなあと思いました。

これからも機会があれば参加してみたいと思います。

一言皆さんにアドバイスできるとすれば、それは……『立食パーティには歩きやすい靴で行って!』ということ。

慣れないヒールで行くと、足が痛くて婚活に集中できませんよー💦




ペコリ44歳婚活アプリで結婚!
アプリ選びより大事な婚活テク!

4つのポイントが理解できていなければ、どのアプリを選んでも同じ!ぺこりが12歳年下のゆいちゃんと結婚できた成功体験を、期間限定で公開します!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA